私の子供の頃の夢の一つに…

★ 32歳 女性の場合
私の子供の頃の夢の一つに、看護師さんになりたいというのがありました。

それは入院していた時にお世話してくださった看護師さんの影響なのです。
私が小さい頃、遊んでいた時に誤って側溝に落ちて怪我をしてしまったことがあります。肩と足を骨折してしまい、初めて入院することになりました。
当時まだ幼稚園に通っていた年頃だったので、入院ということが不安で仕方ありませんでした。
母は仕事をしていたので日中は一人で過ごさねばならず、同室の子に付き添っておられるお母さんを見て余計に寂しく感じていた覚えがあります。
何人かの看護師さんが時間帯によって交代でお世話をしてくださっていたのですが、そのうちの一人の看護師さんがとても明るい方でよく声をかけてくださいました。
ちょうど母と同じ年頃の看護師さんだったと思います。母とは違ったタイプの豪快な明るさのある看護師さんだったのですが、その方が病室に入ってこられるだけで部屋がパッと明るくなりましたし、私もその方が来てくれるのを楽しみにしていました。

ある日、看護師さんに母が仕事にばかり行って淋しいとこぼしたことがあります。すると、看護師さんは私の頭を撫ぜて「もう少しで学校行けるから、そしたら淋しくなくなるよ」って言ってくれたのです。
なんてことない励まし方ですけどね、とっても心に残っているのです。

それからしばらくはずっと看護師さんになると言い続けていたように思いますね。看護師さんは素敵なお仕事ですよね。子どもの心には一生残っています。

新着おすすめ

Copyright (C)2017看護師になりたいなと思ったエピソード.All rights reserved.