私は保育士資格を持っている…

★ 44歳 女性の場合
私は保育士資格を持っている。保育士としてしばらく働いて転職、結婚して子供が生まれて専業主婦時代を経て、また保育士として働き始めた。資格は強い、資格を取りたいという意見をよく聞くが、10年以上前に取った資格が活かせるという経験で、身をもって資格の強さを知ったしだいである。

しかし保育士という仕事、なかなかの肉体労働だ。こどもが泣いたら抱っこにおんぶ。高いところに上りたがる子供に目配りし、落ちそうになれば身体を張って助ける。砂を食べた子がいれば抱えあげて水道に走り、怪我をした子がいれば看護師のもとへ走る。
こどもは可愛いが、でも肉体労働。若い頃ならまだしも、アラフォーの身には正直厳しい時もある。そんな時思うのだ。資格は資格でも看護師をとっておけばよかったのではないか。
看護師は夜勤があると敬遠していた部分があったけれど、夜勤のない勤め先も少なからずある。たとえばそう、保育所勤務の看護師がそうだ。怪我をした子の手当てをし、登園してきたものの体調を崩した子の面倒をみて、あとは保健だよりの発行に健康診断、身体測定。もちろん命を預かる仕事であることには代わりがないが、保育士と比べてずいぶん肉体的な負担は軽そうに思える。資格給を配慮されているとは思えない保育士と比べて、看護師はお給料もよいような気がする。
私が今から看護師の資格を取ることは考えられないが、もしも娘が保育士になりたいと言い出したら、看護師もいいじゃないと薦めてみようと思う。結婚しても子供が生まれても、つぶしが利くよ、と言ってみよう。

Copyright (C)2017看護師になりたいなと思ったエピソード.All rights reserved.