私は職業に関して特に資格を持っていません…

★ 35歳 女性の場合
私は職業に関して特に資格を持っていません。そのため、資格を取得している方がとてもうらやましく思うことがあるのです。
特に看護師については、その仕事の内容以外にも、お給料面や仕事の見つけやすさに大いに惹かれています。
私はおととしの震災の被災地に在住しているのですが、できれば避難したいと思っても、職が見つかるかという点を考えると避難することもできません。やはり、その時の感情だけで避難しても、生活できるだけの経済力がなければ暮らしていくことは難しくなります。
その点看護師の場合には、専門サイトを利用することで、全国の病院の求人を観覧し、実際に応募することができます。今は全国的に看護師不足ですので、看護師の資格と、ある程度の実績があれば、全国各地で働くことができるでしょう。しかもお給料も一般女性に比べれば高いですので、子供がいても食べさせていくこともできます。
このように、看護師は通常の生活でも有利ですし、震災などの異常事態が起こった時でも、生活を送っていけるというメリットがあるため、非常に魅力的だと思うのです。

看護師になりたいなと思ったことは私自身にもあります…

★ 33歳 男性の場合
看護師になりたいなと思ったことは私自身にもあります。私は男ですが、今では男性の看護師の方も増えていますから、めずらしいことではないと思います。
その理由としては国家資格なので、日本中どこででも仕事が見つかるということや、他の仕事よりも待遇がいいということだけではありません。もちろん、仕事をする上で給与や賞与を含めた待遇というのは非常に大事なことです。
生きていく為に働く以上そこを求めるのは卑しいことではありません。

しかしながら看護師という仕事は、それ以外にも大変に価値があります。それは病気や怪我でショックを受け、苦しんでいる方のために働けるということです。
誰かの為になる仕事がしたい。困っている人を助けられる仕事がしたい。そして命を救う仕事がしたい。こう思っていても一般的な仕事は企業が儲ける為だけの仕事がほとんどです。
いったい自分の仕事は誰の為になっているのだろうと考えることがあります。お金のためだけに働くというのは味気ないものです。

看護師というのは、世の為、人の為になる素晴らしい仕事だと思います。

新着おすすめ

Copyright (C)2017看護師になりたいなと思ったエピソード.All rights reserved.